3時のおやつ

ワンピ脳内占拠率96%で日々の出来事をつらつらと。時折、写真×言葉も・・・v

TOP | RSS | ADMIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンフェス2012、行ってきました!④

遅くなりましたが。
レポの続き、書けたのでアプします。
スーパーステージ同様、今回もかなり長文になっておりますが。
よろしければ読んでやってくださいませデス゚。(*^▽^*)ゞ


***
p.s.お返事は次の記事にてさせていただきます^^


◆18日エイベックスブース・ワンピキャストトークショー


18日のエイベックスブースでのキャストトークショー。
こちらはですね。
スタッフさんが、当選メールにあった不備への謝罪をしたあとに、トークショーが始まりました。
司会進行のお姉さんの声掛けで、偽ルフィと偽ゾロ・・・もとい。平田さんと勝平さんがステージに登場しまして。
───で。
二人は、頭に被っていた&手に持っている偽ルフィとブルックのお面を、会場前列にいた人たちにはいはいっと手渡しを。
しかも!平田さんが被っていた偽ルフィのお面には、サインが入ってるとのことで。
会場はもうキャーvとなったのですが、しかしあとに続いた言葉は、
「あ。でも、偽だから、それは勝平ちゃんが書いたの。ひらたひろあきって」
もちろんそれでも会場が賑わうことに変わりはないのですが、
まあこんな感じに遊びゴコロ満載でトークショーはスタート。
───と、その前に。
「偽でしゃべると喉に負担が・・・」
という平田さんと勝平さんの訴えに(登場から今まで、ずっと偽でしゃべってくれてたのですよ^;)
本当の役に戻っていいですよーと、進行のお姉さんが言いまして。
まずは平田さんが、肩慣らしというか声慣らしで、

「女のウソは許すのが男だ」
「いいかウソップ、俺は・・・ナミさんの為ならお前が死んでも構わない」

を、やってくれましてv
もちろんカッコいいサンジボイスに、会場は大歓声v
そして勝平さんは、二年後ウソプで、
「じゃあおねーちゃん、俺となら飲むか?」
を披露してくれまして。
その渋い声音に会場は黄色い声で、またもやキャーv
会場のそんな反応に、勝平さん、
「初めてウソップでこんな悲鳴をもらった!」
と、戸惑いと照れ混じりでそんな言葉を仰ってました^^

さて。ここはエイベックスブースということで。
やはり話題は───
ブース内で絶賛販売中の、偽麦わらのルフィが歌うウィーワー!と偽一味のクリアファイル。
───ということで。
スクリーンにCDジャケットとクリアファイルが、どどんっ!と映し出されたわけなのですが。
CDジャケットを見た勝平さん、
「(偽ゾロの)チャームポイントの上履きが映ってない!」
と、大騒ぎ^^;
そこへお姉さんが、「あ。でもコッチには見えますよー」とクリアファイルの画を示し、
勝平さんも、「あ。ホントだー」と笑顔を見せたのも束の間。
そのクリアファイルの販売価格が525円ということに、
「高いねー」と、平田さんとともに苦笑をちょっぴり。
しかも偽の画の裏側には、本物の麦わらの一味が描かれている───というその事実に。
「・・・コレ、切れめのある方が表でいいんだよね?」と、会場に確認する平田さん。
そして勝平さんは、
「きっと本物の使用料が高いんだ!偽だけだったら、ダイソーとかで売れる値段なんじゃない!?」とか言いだす始末^^;

そんなこんなで、CDとクリアファイルを宣伝したそのあとは。
お次は、ログコレクションのご紹介。
説明があったのは、12/21発売の「WATER SEVEN」「FOXY」、そして1/27発売の「ROCKET MAN」の三本で。
「女のウソは~」とか「そげキングの登場なとこ~」とか「カッコいい刃物サンジ~」とか。
まあこの三本の中にある、サンジとウソプのカッコいいシーンをさわり程度にスクリーンに流したのですが。
そのあとに、さりげなーくゾロのカッコいいシーンが映し出されておりまして。
「(ゾロは)ホント、おいしいトコ持ってくよねー」
と、平田さんと勝平さんが仲良く口を尖らせてました^^;


───と。こんな感じに一通りの商品説明が終わりまして。
今度は、17日のキャストトークショーでのお話に。
17日にゲストでステージに立ったのは、きただにさんとチョーさんだったのですが。
その際チョーさんが、生歌を披露したそうで。
しかも歌うに当たり、チョーさんは、アーティストのようにイヤモニを装備していて、
平田さんと勝平さんは、「すげー、イヤモニだ!」とそれを羨望の眼差しで眺めていたんだとか^^;
そんな話を前振りに、本日もゲストが来ています!という展開に。
会場上手側にいた方々が、ステージ下手側からちらと見えたらしい人影を見て、キャーvと大歓声。
その声に───
もしかして!?と会場に期待と予感が広がったその瞬間。
「誰だ、俺の名を勝手に語る奴は!」
と、渋カッコいいゾロボイスを響かせながら中井さんが登場しまして。
(ちなみに中井さんは、ゾロプリントの黒いTシャツ着用されてました)
会場には黄色い声がぶわっと広がり───その中で。
平田さんと勝平さんは、自分たちが着ていた偽一味がプリントされたTシャツを、中井さんに無理矢理着せ、
「あー!偽サンジだー!」
───ということで。
ゾロではなく、偽サンジになってしまった中井さんは、

「わ~!キレイなお姉さんがいっぱいいる~!」

と、会場に向かって、めろりんと言ってくれましたv
そのハニカミ混じりの笑みがとってもらぶりーvで、会場はますます大盛り上がりでした。はいv


さて、偽ルフィ偽ゾロ偽サンジが揃ったところで。
ウィーワー!の誕生秘話?なお話に。
声優陣は、まあジャンフェスやらドームツアーなどのイベントで集まったりはしていたけど、
アテレコの仕事は二年くらいなくて。
ようやく新章突入して、久々に集まったら、本物より先に偽一味を演ることになり。
───で。
これは(偽の)キャラソンとかあるんじゃないのー?とか冗談言い合ってたら。
なんと偽の収録後に、公平先生が「あるよー」と言って、平田さんにウィーワー!を手渡したんだとか^^;

そして。
ウィーワー!の収録時に平田さんが、
偽麦わらの一味で、歴代の主題歌をやったら面白いんじゃないかなー的な発言をしたら、
エイベックスの社長さんは、いいねーとかなりノリ気だったらしいのですが、
公平先生は、「いいよやらなくてー」という反応だったそうで^^;
どうやら公平先生、他のでもやったら、せっかくのウィーワー!のインパクトがなくなっちゃうので、
それがなんかイヤみたいなんだとか^^;
「あの人、自分の曲以外興味ないからなー」
なんて言って、平田さんと勝平さん、苦笑混じりながらほのぼのっと笑ってましたデス。

そんなこんなで。
偽ルフィが歌を出してるので、他の偽もキャラソンだしたらいいんじゃない?───ということになりまして。
じゃあと、勝平さんが提案した偽ゾロのキャラソンは───タイトル「上履きのうた」

「♪俺の上履き、知ってるかーい 右と左がわからない~♪」

即興でこんな感じの歌を歌ってくれまして。

平田さん:「じゃあ、それでよろしくお願いします」
勝平さん:「え!自分で作るの!?」

───ということで。
買取りのシンガーソングライターとして自主製作してくださいと、話を纏められてしまい^^;
勝平さんは、
「買取りのシンガーソングライターなんて、聞いたことないよ!」
と、叫んでらっしゃいました^^;

偽ゾロの次は、当然「じゃあ偽サンジは?」という展開になったのですが。
中井さんは、「それはもうこれしかないでしょう」と言い切ったのち、

「♪お手をどーぞー ハニ~ うんたらかんたらで~ ム~ランルージュ~♪」

と、歌いあげ。
「歌うなら、“うんたらかんたら”じゃなくて、ちゃんと覚えてこいよ!」
と平田さんにツッコミ入れられてました^^;


そんなこんなを経て。
もうそろそろお時間が近づいてきたということで。
スクリーンには、もう一度エイベックスブースにて販売してる物販が映し出されまして。
その中に、ブルックのTシャツがあったのですよ。
それを見止めた勝平さん、
「そうだよ!これも宣伝しなきゃいけなかったんだよ!」と一瞬慌てたのですが。
やおら中井さんを見遣ると、

「てか。ゾロのTシャツじゃなくて、こっち(ブルックTシャツ)着て来てくれればよかったんだよ!」

うーん^^;
仮に中井さんがブルックTシャツ着て来ても、登場早々に偽のTシャツを着せられちゃったのだから、結局同じだったんじゃないかなという気はたぶんにするのですが^^;
しかし、勝平さんのその言葉に中井さんは、
「あー。うん。そうだね。ホントごめん」と今更ながらに気付いた感じの声をあげたりして、
それがなんかミョーに可愛かったなと^^;


そんなこんなで30分間のトークショーはあっという間にお時間に。
───と、いうことで。
最後に一言ずつ、お三人が会場に挨拶の言葉を言ってくれました。
あれそういえば順番はどうだったっけかな?
とりあえず勝平さんは、
「皆さんの貴重な時間を、こんなグダグダなものに付き合わせちゃってごめんねー」
苦笑混じりにそんな言葉を。
そして平田さんは、
12/19発売のジャンプの巻末の作者コメント欄に、尾田っちが平田さんのHPで聴けるラジオにゾロとウソップが出てるよーと書いてくれたという話をしたそのあとに。
「本当は11月いっぱいで配信は終わってるんだけど、尾田っちが書いてくれたので、明日から一週間、クリスマスまで特別配信しますー」
という告知をして。
───で、中井さんは。
「僕が皆に言いたいことは二つだけです。一つは、“本当申し訳ない!”そしてもう一つは、“ありがとう!”これからもよろしくお願いします!」
こんな感じの挨拶を会場にくれて、トークショーは終了ということに。
30分という短い時間ながら、楽しいことがぎゅっと凝縮されていて、とってもとっても大満足なステージでした。はい♪


***
18日のトークショーはこんな感じでした。
今回は、詳細レポを書くつもりがなかったので、
スーパーステージもキャストトークショーも、かなり内容を端折り、
声優陣の言葉も、こんな感じだったよー的に書いたのですが。
それでもこんな長文になるなんて、どんだけ要約が下手なんだ自分・・・orz

えと。
最後になりましたが。
ここまでお付き合いくださいまして、本当にありがとうございました(ぺこり)


スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL » for FC2 user
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。